お問い合わせ・お見積もりのご依頼はこちら(営業時間 9:00~19:00)

新着情報

収納スペースを増やすならここ!おすすめリフォーム5選


 

部屋の見える部分を片付けても、収納スペースがごちゃごちゃしていては本末転倒。
見えないからといってタンスや引き出しに物を詰めこむのをやめて、
適した場所に適した収納スペースを作ることで、生活にゆとりが出ます。
今回は収納スペースを増やしたいとお思いの方に、収納スペースを増設するのにおすすめの箇所をご紹介します。

 

1.タンスや棚の上部スペース

意外と見落としがちなのが、既に設置されている棚や家具の上部スペース。
このスペースにキャビネットなどの収納家具を設置することで、
収納や片付けの際によく起こる「あと少しが入らない」を解消できます。
頻繁に出し入れするものではなく調味料や水、お米、トイレットペーパー
などのストック品を収納しておくのに向いています。

 

2.壁面や壁の内側

収納を増やす、という時に最もイメージしやすいのが壁面収納の設置です。
壁にユニットを設置してダイレクトに収納力を上げることができます。
また、お部屋に合わせて大きさや色、
素材を選べる自由度の高さも人気の理由ではないでしょうか。
壁面収納がおすすめなのはリビングなどのお部屋以外でも、例えばトイレ空間があります。
トイレは衛生用品、掃除用品など、空間としてはかなり狭いにも関わらず収納したいものが多い場所です。
そんな時は、壁への埋め込み収納が役に立ちます。
部屋の内側に出っ張らないので、収納のせいで狭くなった!ということがありません。
他にも「玄関に靴箱を作りつける」「脱衣所に洗濯・洗面小物棚をつける」といったように、
壁面にちょっとした収納を取り付けることもできます。
壁面収納は、痒い所に手が届く収納リフォームといえるでしょう。

 

3.床下

床下に自由に使える空間がある場合、「床下収納」として有効活用できるかもしれません。
目に見える場所に収納を設置する余裕がない!というお部屋に特におすすめで、
キッチンや洗面室、和室への設置が多い収納リフォームです。
床下に作る収納スペースは、棚を設置するのと違って空間を圧迫しません。
また、地震で棚や中のものが落下して怪我をする心配がないなど他の収納にはないメリットがあります。
頻繁に出し入れする物の収納には向きませんが、保存食、防災・避難用品の保管場所として最適です。

 

4.屋根裏、ロフト

床以外にもデッドスペースを活用する収納リフォームがあります。
屋根裏に空間がある場合、屋根裏収納にリフォームできるかもしれません。
屋根裏収納のメリットは、かなり大きなスペースを利用できることです。
スキー用品やストーブ、扇風機などのシーズン用品、普段使わないものをしまっておくのに最適です。
一方、他の収納に比べて出し入れが難しいことが多く、
よく計画してリフォームしないと、せっかく作ってもさほど使わない…
という悲しい結果になりかねません。

 

5.使っていない部屋

現在は使っていない部屋や、どう使うべきか持て余している部屋を思い切って「ウォークインクローゼット」に
リフォームしてみてはいかがでしょうか?
かさばりやすい洋服を一か所に収納できるうえ、衣替えも楽々です。
また、もし空き部屋が玄関のそばにあるならシューズインクローゼットとしてリフォームするのもおすすめです。

 

収納スペースが少なく、適切な場所に収納がないと部屋が片付かないと思います。
また、デザインがばらつくと部屋が雑多な感じに見えてしまいます。
出来るだけ使う場所に収納し、使用頻度と出し入れのしやすさを十分に検討することが大切です。
ぜひ収納スペースを見直して、収納リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。


神戸市の住宅リフォームは有限会社AIS(アイス)にご相談下さい。


会社名:有限会社AIS(アイス)

住所:〒658-0025 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-21-12 三宅ビル4F-S

TEL:078-766-0423(代表直通TEL 090-8204-4306)

営業時間 : 9:00~19:00 定休日:

対応エリア:神戸市、加古川市、明石市、西宮市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、芦屋市

業務内容:リフォームや外構・エクステリア、住宅リフォーム

pagetop