お問い合わせ・お見積もりのご依頼はこちら(営業時間 9:00~19:00)

新着情報

フローリングの張り替え


 

床の張り替えはどういった時に検討するのか、張り替え時期の目安というものがあります。

一般的に家を建ててから15年ほどすると張り替え時期と言われています。

お家の環境(温度、湿度など)にもよりますが、

15~20年経つと床の下地が痛んだりフローリング自体が変形したりと様々です。

家を建ててから15年ほど経つと下記のような症状が現れてくることも多いようです。

このような場合には張り替えを検討してみてもいいかもしれません。

 

床がきしむ

古いお家で、板張りの床を歩くと「ギシギシ」と音がなった経験はないでしょうか?

それが「床のきしみ」と言われる症状です。

フローリングは木材で出来ています。

木を貼り合わせたようにして作られているのがフローリングです。

フローリングの材質として使われている木材は、湿気によって伸縮・膨張する性質があります。

そのため、部屋の湿気が原因で木材自体が変形してしまいます。

床にぴっちりと貼られているフローリング。

その一つ一つが変形すればつなぎ目がしっかり合わなくなることは想像できますよね?

ずれた木材が互いに擦れ合う時、ギシギシときしみ音が発生します。

梅雨の時期だけ、季節的にきしみ音がするなら湿度変化だけが原因と考えられるので問題ないかもしれません。

しかし、年中慢性的にギシギシときしみ音がするようなら、そのフローリングは完全に変形しているでしょう。

その場合は部分補修ではなくフローリングの張り替えが必要になります。

 

床が沈む

床がギシギシときしむだけではなく、歩くたびにグッと床が沈み込む住宅もあります。

フローリングの一部分がブカブカと浮いているように感じたり、一箇所だけ歩くとグッと沈み込んだりします。

これも先ほどのきしみと同様、湿気が原因となっているケースが多数あります。

しかし、沈み込みが起きている場合はきしみよりも劣化が激しく、床材が地面から剥がれている可能性があります。

フローリング材とその下の下地材が剥がれてしまい、フローリング自体が剥がれてしまっている状態です。

そうなってしまうと、床を部分的に補修するのは難しいです。

ブカブカしている床はどうしても全面的な張り替えが必要になります。

床がブカブカと浮いている、グッと沈み込む。そんな場合はフローリングの張り替えを検討しましょう。

 

目的で変わるフローリング張り替え方法

張り替え工法

床を剥がして新しくします。

これは文字通り、古いフローリングを一度剥がしてから

新しいフローリングを施工する方法です。

材質に関わらず費用は高くなってしまいますが、

一度床を全部剥がすので下地の状態を確認することもできます。

下地の状態を確認できるので、新しく貼る時に床材の種類を変えることも可能です。

また、下地を確認する時に戸建てなら白蟻の被害をを見つけることもあります。

見えない恐怖に怯えることも無くなります。

一般的には新築施工から10年ほど経っていてフローリングが

ひどく劣化している(きしみ、沈みが発生している)場合には、

下地チェックも兼ねて張り替え工法で全張り替えを行うのがオススメです。

 

重ね張り工法

重ね張り替工法は既存の床の上に新しいフローリングを重ねて張っていきます。

張り替え工法で床材を全部剥がすのには大規模な工事が必要ですし費用もかかります。

しかし、重ね貼り工法であれば床を剥がす作業がないので、

張替え工法に比べて安価にリフォームすることができます。

また工期も短く、1部屋を1日かからず施工することも可能だそうです。

フローリングの張り替えを検討されている原因が「傷や汚れ」である場合、

張り替え工法よりも重ね貼り工法がオススメです。

しかし重ね貼り工法の場合は下地の確認ができないのと、

壁や建具などの干渉部分もみなければいけないので

現場の確認をしっかりとする必要があります。


神戸市の住宅リフォームは有限会社AIS(アイス)にご相談下さい。


会社名:有限会社AIS(アイス)

住所:〒658-0025 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-21-12 三宅ビル4F-S

TEL:078-766-0423(代表直通TEL 090-8204-4306)

営業時間 : 9:00~19:00 定休日:

対応エリア:神戸市、加古川市、明石市、西宮市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、芦屋市

業務内容:リフォームや外構・エクステリア、住宅リフォーム

pagetop